糖尿病治療カーボカウント

糖尿病治療の食事療法でインスリンのカーボカウントについて

スポンサーリンク

カーボカウント 糖尿病

カーボカウントとは

2016/07/21

糖尿病にもいくつかの種類・分類があります。

大きく分類されるものが1型糖尿病と2型糖尿病です。

1型糖尿病とは、
多くの場合20歳未満で発症することが多くインスリンという血糖値を下げる唯一無二のホルモンが分泌されなくなってしまうことに起因して発症してしまうものです。
(20以降でも発症することはあります。)

原因は現在では明確にはわかっていません。
推測としては、かぜなどとひいた際に自己免疫機能が誤って自分の膵臓のランゲルハンス島のβ細胞を攻撃してしまいインスリンを分泌する細胞が攻撃されて機能を失ってしまうなどということが言われてはいます。

よって、ホルモン補充療法であるインスリンの自己注射(ペン型やインスリンポンプ)が必須になります。

2型糖尿病とは、
多くの人が中年期以降に発症する病気で原因としては、食生活の不摂生や食習慣の欧米化などによるものと言われています。
また、太めの人に多いのも事実です。
なので、初めの治療の一環に食事療法や運動療法がメインを占めてきます。
症状が進行するとインスリン分泌を促進する薬を内服したりします。

内服薬でも血糖値をコントロールできなかったり症状が改善しなかったり悪化した場合には1型糖尿病と同じようにインスリンのホルモン補充療法としてペン型などによる自己注射の治療になってきます。

スポンサーリンク

糖尿病の前置きとしてはこの辺までにしてメインのカーボカウントとはについてです。

 

カーボカウントとは、カーボハイドレート(carbohydrate:炭水化物)をカウント(count)するという意味になります。

食事中の炭水化物を計算・把握することで血糖値を調節しようというのがカーボカウントの考え方になります。

では、炭水化物の量を知ることが血糖値を良くすることにつながるのでしょうか?

答えは、YESでもありNOでもあります。

なぜなら、炭水化物は糖質なので血糖値に大きな影響を与えることは確かです。
しかし、他にもエネルギー源になるものは3大栄養素であるタンパク質と脂質があります。

糖質は約1時間半程度でほぼ100%が血糖に変わりますが、タンパク質や脂質は血糖に変わる割合も低くて、糖質に変わる・代謝される速度もかなり時間がかかります。

 

以下に3大栄養素の変化率を表にしておきます。

 

 栄養素 変化率(%)
 糖質 100%
 タンパク質  50%
 脂質 10%未満

 

炭水化物が食後の血糖値を上昇させる強い作用を持っていることは事実ですが、食事にはタンパク質と脂質も含まれています。

「炭水化物は適量を守れたが、タンパク質や脂質は摂り過ぎてしまい結果的にカロリーを多く摂り過ぎて肥満になってしまった。」

ということにならないようにするために、まずは「バランスの取れた食事」を目指して心がけましょう。それに加えて炭水化物が把握できれば血糖管理・血糖コントロールの改善が期待できます。

 

Point!(ポイントです!)

カーボカウントとは「バランスの良い食事で、炭水化物の量を把握することにより、血糖値のより良い調整・コントロールをする方法」です。

 

カーボカウントの種類

カーボカウントには「基礎カーボカウント」と「応用カーボカウント」の2種類が段階的にあります。

  • 基礎カーボカウント

食事の中にどのくらいの炭水化物(糖質)が含まれているかを把握することが基礎カーボカウントとなります。
まずは1日にどのくらいの炭水化物を摂っているのかを知り、主食と副食に分けておおまかに計算することから始めましょう。

 

食事に含まれている炭水化物(糖質)に応じてインスリン量を調節することが応用カーボカウントです。
食後の目標血糖値を決めておいて、食前の血糖値に応じて補正のインスリン量も併せて調節します。

スポンサーリンク

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

-カーボカウント, 糖尿病


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

副食の写真
食事のバランス

私たちが毎日食事をしているのは、単にお腹が空くのを満たすためだけではありません。 ...

血糖コントロール
糖質と食物繊維の主な種類

糖質と食物繊維の主な種類について一覧表にします。 「糖質」と「食物繊維」に分けて ...

副食の写真
必要なエネルギー量と炭水化物量

より良い血糖コントロールには体重の管理も大切になってきます。 自分の適正な体重や ...

副食の写真
応用カーボカウント

今までの食事に含まれる炭水化物量を把握することが「基礎カーボカウント」でありまし ...

血糖コントロール
副食の中で把握しておきたい炭水化物の食品

前回は、 「副食の炭水化物量」について述べました。 前回述べましたように副食の場 ...



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

↓↓↓

糖尿病治療カーボカウントの
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!