糖尿病治療カーボカウント

糖尿病治療の食事療法でインスリンのカーボカウントについて

スポンサーリンク

糖尿病 糖質と食物繊維の主な種類

糖質と食物繊維の主な種類

2016/07/21

糖質と食物繊維の主な種類について一覧表にします。

「糖質」と「食物繊維」に分けていますが、
これらはすべて「炭水化物」というカテゴリー内に属しているものとして以下の記述を解釈してください。

 

 

分類 甘味倍率 カロリー(Kcal) 特性
単糖類 ぶどう糖 0.65~0.8 4Kcal ぶどうなどの果実、はちみつなど自然界に多く存在する糖です。
果糖 1.2~1.7 4Kcal 果実に存在する糖です。
二糖類 乳糖 0.3~0.4 4Kcal ぶどう糖とガラクトースと呼ばれる単糖が結びついた二糖類の糖質です。牛乳に感じられる甘味は乳糖の影響によるものです。
砂糖 1 4Kcal ぶどう糖と果糖が結びついた二糖類です。さとうきびなどから精製される甘さの一般的なもので、甘味度の基準となるものです。
麦芽糖 0.3 4Kcal ぶどう糖が2個結びついた二糖類の糖質です。
多糖類
(食物繊維を除く)
オリゴ糖 0.3~0.5 4Kcal 一般には糖類が3から10個程度結びついたものです。単糖類、二糖類よりまろやかな甘味が特徴です。
デキストリン - 4Kcal でんぷんを加水分解して麦芽糖になるまでに得られる様々糖質です。
一般にオリゴ糖と呼ばれるものより糖の数が多いものを指します。
でんぷん - 4Kcal 多糖類の一種で、植物の葉緑体で光合成によって作られるものです。
糖アルコール類 キシリトール 1> 3Kcal 樹木などから抽出されるキシロースからつくる糖アルコールです。難消化性であるため低カロリーです。
マルチトール 0.6~0.8 2Kcal 麦芽糖を還元(水素添加)してつくる糖アルコールです。難消化性であるためカロリーは砂糖の半分です。
高甘味度甘味料 アセスルファムK 200 - お酢の成分でもある酢酸類を原料として製造される甘味料です。砂糖の200倍の甘さがあります。
スクラロース 600 0 砂糖から作られる甘味料です。甘さは砂糖の甘さの600倍あります。
水溶性食物繊維 ポリデキストロース - 0 海藻、こんにゃくの他、野菜、果汁系にも含まれる水溶性の食物繊維です。
難消化性デキストリン - 1Kcal とうもろこしなどに含まれる水溶性の食物繊維です。糖質の吸収を穏やかにする作用があります。
不溶性食物繊維 セルロース - 0 植物の細胞壁の構成成分でもあり、不溶性です。食品には粘性を与えたりするために使用されます。

スポンサーリンク

炭水化物(糖質)を多く含む食品

以下は、
「食品交換表」の食品群毎に含まれる1単位あたりの栄養素の平均含有量になります。

表1、表2、表4、調味料に炭水化物が多く含まれていることがわかります。
逆に、肉や魚などの表3や油などの表5には炭水化物はほとんど含まれていないことがわかります。

 

表6の野菜については食物繊維も多く含まれていることから、以下の表ではわかりにくいですが、玉ねぎや人参などの野菜にも糖質は含まれているので無視はできません。

ですが、
野菜類に関してはひとつひとつの野菜に含まれる糖質量の把握は複雑になり過ぎるので、野菜の全体量からおおまかに計算しています。

 

インスリン1単位あたりの栄養素の平均含有量

  • 食品交換表の表1:ごはん、パン、麺、芋類。
    →炭水化物:18g、タンパク質:2g、脂質:0g。
  • 食品交換表の表2:果物。
    →炭水化物:19g、タンパク質:1g、脂質:0g。
  • 食品交換表の表3:肉、魚、卵、大豆製品。
    →炭水化物:1g、タンパク質:8g、脂質:5g。
  • 食品交換表の表4:牛乳、ヨーグルト。
    →炭水化物:7g、タンパク質:4g、脂質:4g。
  • 食品交換表の表5:油類、ナッツ類。
    →炭水化物0g、タンパク質:0g、脂質:9g。
  • 食品交換表の表6:野菜、海藻、きのこ類。
    →炭水化物:14g、タンパク質4g、脂質:1g。
  • 調味料:砂糖、みりんなど。
    →炭水化物12g、タンパク質:3g、脂質:2g。

 

詳しくは、「副食の炭水化物」で説明します。

スポンサーリンク

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

-糖尿病, 糖質と食物繊維の主な種類


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

副食の写真
必要なエネルギー量と炭水化物量

より良い血糖コントロールには体重の管理も大切になってきます。 自分の適正な体重や ...

副食の写真
応用カーボカウント

今までの食事に含まれる炭水化物量を把握することが「基礎カーボカウント」でありまし ...

血糖コントロール
カーボカウントとは

糖尿病にもいくつかの種類・分類があります。 大きく分類されるものが1型糖尿病と2 ...

血糖コントロール
副食の中で把握しておきたい炭水化物の食品

前回は、 「副食の炭水化物量」について述べました。 前回述べましたように副食の場 ...

副食の写真
食事のバランス

私たちが毎日食事をしているのは、単にお腹が空くのを満たすためだけではありません。 ...



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

↓↓↓

糖尿病治療カーボカウントの
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!